VIO脱毛【期間・回数・費用】安い永久脱毛アリシアクリニック体験

元脱毛サロンスタッフ厳選!VIO脱毛で本当に良い脱毛サロンはどこ?

レーザー脱毛

レーザー脱毛は日本人には不向き?歴史について

投稿日:


レーザー脱毛がどのようにしてできたのか?医療機関で脱毛を考えている人にとっては多少興味のあることではないでしょうか。
レーザー脱毛はニードル脱毛に比べて価格は下がったもののやはり何十万円というお金がかかります。
レーザー脱毛が安いと評判の湘南美容外科でも全身脱毛をすると約100万円はかかります。
だから少しでもこの機会にレーザー脱毛の歴史を見ておくことは大切ですね。
レーザー脱毛は元々あざとかシミなどの治療として医療機関で使用されていました。
1983年にハーバード大学のアンダーソン氏が、「選択的光熱融解理論」を提唱したのが始まりです。この選択的光熱融解理論とは光は「特定の色素細胞を選んで破壊する」というものです。
アンダーソン氏がレーザー治療をシミやあざに行っていたときに、治療した部分はムダ毛も生えてこなくなるということ注目したのがレーザー脱毛の始まりです。
1996年、グロースマン氏がアンダーソン氏の研究を受け継いで「ルビーレーザー」を用いた脱毛マシーンを開発しました。
これが世界で最初の脱毛マシーンの誕生です。
このレーザー脱毛機は、作成したのが欧米人だということもあり東洋人に不向きでした。
それは肌にメラニン色素の多い東洋人には、毛根に作用するはずのレーザーが肌にも過剰反応を起こしてしまいトラブルが続いたからです。
その後1997年にフルモント氏(やはりアメリカジンでした)が、東洋人にも対応できる「ロングパルス・アレキサンドライトレーザー(LPIR)」というレーザー脱毛器の開発に成功しました。
これが、東洋人でも使用できる「脱毛器サイノシュア社製のアレキサンドライトレーザー」です。
このレーザー脱毛器は日本の医療機関にもすぐに導入されました。
金額は高額でしたが医療機関関係者・美容関係者からは高い注目と評価を受けたのです。
今でも日本では「サイノシュア社」の脱毛機器が多くを占めているようです。

-レーザー脱毛
-, , ,

Copyright© VIO脱毛【期間・回数・費用】安い永久脱毛アリシアクリニック体験 , 2017 AllRights Reserved.